ツイッターをフォローする

Shadowverse攻略ちゃんねる

シャドウバースとハースストーンはどっちが面白い?共通点と違いをまとめてみた

シャドウバースとハースストーンは似てる?

リリース直後から好調なシャドウバースですが、こんな声もよく耳にします。

「ほぼハースストーン」
「完全にパクりwww」

確かに同じソシャゲでジャンルもTCG(トレーディングカードゲーム)なので似ていると感じるのは無理もありません。そこで共通点や違いをまとめてみました!

基本システムは同じ

シャドウバースとハースストーンは、どちらも「マジック・ザ・ギャザリング」という有名TCGのシステムを基本にしているように見えます。

具体的には、カードに「攻撃/体力」の性能があり、相手のカードやプレイヤーを攻撃してライフをゼロにするという点です。

また、マジック・ザ・ギャザリングで「コスト」となるカードを出してから、自分の手札を使っていきますが、シャドウバースとハースストーンはどちらも、ターンの経過と共にコストが自動で増えていくシステムを採用しています。ここも大きな共通点ですね。

カードの特徴も同じ

カードには、ただ相手を攻撃するだけじゃなく特殊能力が備わっているのですが、これも呼び方が違うだけでまったく同じ。

シャドウバース ハースストーン 効果
守護 挑発 他のカードやプレイヤーを攻撃できない
潜伏 隠れ身 攻撃するまでは対象に選択されない
急襲 突撃 出たターンから攻撃できる

こう考えると共通点はかなり多いと言っていいでしょう。

シャドウバースとハースストーンの主な違い

「進化」と「ヒーローパワー」

シャドウバースはEPを消費してカードを「進化」させて強化することが出来ます。ハースストーンではコストを払って「ヒーローパワー」を使うことが出来ます。ヒーローパワーはカードごとに異なる特殊能力のようなもの。

後攻のアドバンテージ

TCGでは先行の方が有利になってしまうため、後攻に有利な特典をつけてバランスを調整しています。

シャドウバースでは、進化できる回数を先行は2回後攻が3回となっていて、さらに後攻は1ターン早い4ターン目から進化できます。

ハースストーンでは、後攻は手札枚数+1とそのターンのみ1マナ増やすスペル「コイン」が与えられます。

まとめ:似ているがちゃんとそれぞれ楽しめる!

こうして見てみると「シャドウバース」と「ハースストーン」はかなり似ていますね。ただし、細かなシステムが違うのでちゃんと別ゲーとして成立もしています。

どちらを始めるか迷ったときは、とりあえず両方軽く触ってみて好みの方を決めるのもいいでしょう。

また、似ているということは同時に両方したり移行もしやすいのが良いですね!

\ Twitterもフォローしてね /

COMMENT

コメントを投稿する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PRIVACY POLICY

©Shadowverse攻略ちゃんねる 2016.